アーカイブ

 

布森通信

和室の水屋にモリスのタイルを

IMGP0406

我が家の和室にある水屋の天板が年数が経ってぼろぼろになっていたのでモリスのタイルを貼ってみました。

正面の小窓には昭和初期の手ぬぐいをカフェカーテンにしているので同じ青一色のタイルにしてみました。

pic_item_tile_009

枝豆の美味しい茹で方

主人は目下、家庭菜園の一年生ですが中々美味しい野菜を作ってくれて今は朝取りの枝豆が一番美味しいです。
そこで我が家の茹で方ですが甘みが出てとても美味しいので是非やってみて下さい。

鍋に湯を沸かしながら洗った枝豆を多めの塩でちょっと揉んでおき沸騰したら鍋に入れて茹でます。
ざるに上げたら扇風機で風をあててさまします。(寿司めしの感じ)
冷水をかけたりするのは折角の風味が損なわれるのでタブーですよ。

ささらほうさら

長野県の地方の方言だそうで何となく小川の流れる様な明るいイメージですが意味は全く違って色々と大変な事が続きそれこそ泣きっ面に蜂のような事を言うのだそうです。

心身ともにこれでもかと言わんばかりにいろんな大変な事が次から次へとのしかかりへこんでしまう事は誰しもが経験する事ですがそんな時に私自身は自分を大切に育ててくれた人達の事を思い出してみます。

不思議と、もうちょっとしっかりしなきゃと思えてくるものです。

へとへと日和

こんなに暑い日が続きへとへとですがこれも年のせいでしょうか。
昔は30度なんてすごい暑い日のボーダーラインだった気がしますが今は30度が涼しく思えるのが不気味です。

何れこのままだと外出禁止令が発令になって外にはヒトッコ一人いない夏日が来てしまうかも。

どうか早くアスファルトとか剥がして土に戻して緑もいっぱい増やして下さい。
車優先ばかりでなくサイクリングロードもいっぱい確保して自転車が安心して乗れる道を作って下さい。

さみしい紫陽花

自宅から10分程の所に畑があります。
昨年から主人が勤めの傍ら野菜作りを始めたおかげで収穫係の私は散歩も兼ねて毎日長靴を履いて出かけて行きます。
畑の近くに今は廃屋となった家がありますが庭の雑草はどなたかが時たまきれいに刈られているらしくひっそりとした佇まいは美しくもあります。

その庭の一角に紫陽花があまりにきれいに咲いていて、つい一枝失敬してしまいました。
持ち帰ってワイングラスに生けてみたら食卓が一変するほど素敵な色彩でした。

ですが紫陽花はちょっと寂しそうで元の庭が恋しそうに見えました。

棚から黒豆

台所を片付けていたら乾物などを置いている棚から黒豆が出てきました。
いつ誰から頂いた物かも忘れたのですが虫も付かず一度では食べきれない程の量が袋に入ったまま出て来たのです。
正月でもないのですが甘く柔らかく煮たらきっと美味しいだろうとひとづかみ程水に浸して一晩置いてみました。
朝に見たら水を全部吸い上げて鍋一杯に膨らんでおりそのまま水と塩とザラメを入れて煮詰めることにしました。こんな時、美味しく作るコツを聞ける母や祖母がいないのがザンネン。
時々つまみ食いをしながらコトコト煮詰める事半日。
なんとか柔らかくできたはずの黒豆でしたがさめたら固くなってしまいアレレ。

なんでも売っている様な食感にするのは大変な事だと実感したのでしたー。

温泉四方山話ー3

露天風呂派のことは先日書いた通りですが雨の日の露天風呂もなかなかよいものです。

雨が降れば大抵空いていて運が良ければ自分が入っている間に誰もいなかったりしてリラックス感も倍増です。
頭にはタオルをのせても顔中に雨が降り注ぐ状態で湯槽に浸っていると何といいますか何もかも流してくれる様でさっぱりする気がします。
日本では嫌な事などを忘れる為に「水に流す」といいますがこのたとえは風流でいて日本人の心意気が染みている良い表現だと思います。

Asami王女ストーリー

DASA232316_zoom
仕事にはアクシデントが付きものです。
写真のファブリックはSandersonのAsami Embroideryでコットンとリネンの白地に刺繍を施した花柄がとてもシックで魅力的な高級生地ですがオーダーがあって遥々イギリスから届いた矢先に様々な事情があって私の手元に止まってしまったのです。
まるで行き場の無い王女様のように。
しかしその美しさは誰をも魅了しすぐに望まれる方が現れました。私の手元からわずか一日でH様とK様の元へ納品となりました。
きっと王女様は本当に望まれる方の家に飾られたかったのでしよう。

夕暮れ自転車

本当にしばらくぶりに(10年以上かも)自転車に乗ってみました。
我が家に前からある普通の自転車でワクワクする様なものでもないのですが夕暮れ時があまりにいい感じだったのでちょっと近くまで行ってみようと思った訳です。
いざ乗ってみたらまず、自分の運動能力の低下サに気ずかされ愕然としました。
最初はスーと行かなくて左右にヨロヨロ.アレレ…
どうにか思ったコースを走っては来ましたが注意する事が多くてこれじゃ散歩のほうが良かったかなと思い知らされた夕暮でした。

明け方のライブ

今朝は明け方に鶯の独唱会で目が覚めました。
近くの畑か割と近くで若々しい美声の持ち主はホーホヶキョを数回繰り返しては40分程の休憩を経てまた何回か聞かせてくれました。
地上の誰にも出来ない音色を軽々とお披露目して飛び去った鶯さんの早朝無料ライブコンサートのおかげで今日は何となく良い事でもありそうな気持ちになって起床できました。

窓考察

生家もそうでしたが昔の家の窓は縁側があったりで掃出し窓も多く外の気配が住まいの中でいつも感じられた様な気がします。
ですが近頃の窓は防犯の関係なのかなぜかは分りませんが例えば窓辺にもたれて外を眺めるなどという事さえも出来ない形状のものや高さ位置にあるものが多くなっている気がします。

実際に暮らしている住人が快適であればいいことですがTVでヨーロッパの街歩きなどの番組などでよく窓辺から手を振って「上がってらっしゃい」なんて普通に挨拶しているのを見ると、結局は生活の中での窓辺の役割のちがいを感じさせられる訳です。

まだまだ駄目です。

今日は増税にちなんだブログが国内中で溢れ返っている事でしょうが私にとってはもういない母の誕生日です。
もう七回忌も終ったのに思い出すといくらでも泣けてくるのです。

自宅の近くには畑が点在していますから夕ぐれ時にどこかで焚き火している煙のにおいや洗濯物を取り込みにベランダに出てかすかに風がある時などはもう駄目ですね….。

生前、甘党だったので苺のケーキでも買って帰ります。

温泉四方山話

近くの温泉によく行く話を書いた事がありますが続編です。

店から車で10分ほどの所に源泉の温泉が五カ所有ります。
それぞれに持ち味がありますが私は露天風呂派なのでおのずと行く温泉が決まってきます。
蔵王全景が見える百目鬼温泉にも頭を休めたい時にぶらりと行きますが当然いろんな女性の方と混浴することになります。
その度にいつも日本の女性は肌の白さや黒髪が美しいとしみじみと思うのです。
気づいていない本質的な美しさが日本の女性には漂っている気がします。
もっとも私は漂うというよりフヤケてる方ですけどね。

ちがいますねぇ。

化粧品を買うときは何歳になってもちょっとワクワクします。
メイク用のファンデェーションが切れそうなのでドラッグストアに立ち寄って物色してみました。
TVでCM流れている物はちょっと高価であとはお手軽なものも色々あって以外と時間が過ぎてしまいました。
たいした顔でもないので結局1000円ほどの普及品を購入してきました。
今朝、どんな具合かと使用してみましたが前回に使っていた3000円クラスの物とはやっぱり違いますねえ。
何というか、いかにも塗りましたっぽいというか….
鏡には安っぽいおばさんがしょんぼり映っておりました…..とほほ。

毛玉

通販で購入した3枚で5990円のセーターは仕事に便利だしデザインも色も気に入って愛用していますが値段が値段なので毛玉がよく出来ます。
夕食後、ストーブの前に腰掛けて毛玉を取るのが近頃の日課となりましたがこれが結構気分が落ち着くのです。

でも、こう毎日毛玉を取っていたらセーターが薄くならないのかしらとも思えるのですが…

Love is Strong

ここ数日、寒さがひとしおです。

ですが飼い猫のメイちゃんはあったかい家から冷凍室のような外に今朝飛び出して行きました。

夕べ、真夜中に外で猫の鳴き声がしていたのでその彼に会いに行ったのかも知れません。

毛皮は着ているけど素足だし….。

Love   is   Strong ですかね。

1月も終りますが….

例年の今頃は屋根の雪下ろしを2回程している季節なのに今年は雪が積もるほど降らないで1月が終ろうとしています。
圧雪のない道路は車での移動も楽で大助かりですが手放しで喜ぶにはちょっと違和感があります。

これから世界中でまだまだ車の台数が増え人口も増えると思えばオリンピックの大成功を目指してどんどん建設ラッシュもどうかと思うのです。
いらなくなった建物などみんな片付けて緑を増やすべきだと思うのですが….

今年もどうぞ宜しくお願いします。

一月の3分の1の年月が終る所で新年の挨拶となってしまいました。

松の内にスーパーで引いた福引きが3等でホームセンターでは駐車場で小銭を拾いました。

年初めはささやかな事にも縁起を担いで今年も良い事ありそうな気分を持つのが大事ですね。

そういえばクリスマスに主人が買ってきた大量生産のケーキが余り美味しく無くて「子供の頃に食べたバタークリームのクリスマスケーキの方が美味しかった」と言ったら当てつけに大きなバタークリームのケーキを注文したらしく年末にどんと目の前に置かれました。(ケーキやさんで勘違いしたらしくバースディケーキ仕上げにはびっくり)

それはとても美味しかったしケーキは景気なのでこれはこれで縁起が良い事かも知れ無いと思いながらいただきました。

ここで恒例の一句を。

 御蕎麦よりケーキで暮れる大晦日

 

本年もありがとうございました。

明日は今年最後のカーテン取付けがありそれで仕事納めとなります。

毎年ながら全ての施工例をご紹介できず今年も5件ほど写真を保存したままで持ち越しとなってしまいました。

本当に要領が悪いのか愚図なのかぱっぱと出来なくて申し訳ありません。

年明けにもご紹介させて頂きます。

それではどうか皆様、良いお年をお迎え下さい。

そして来年も平穏でラッキーな一年であります様、お祈りしております。

CANBELL

あきらめの冬

雪はうっすら降るからロマンチックなのであって、どかっと降ると別物ですね。

山形は昨日からびっくりするほど降りまして毎年ながら何でもほどほどが良いと思うのですがお天気はどうにもなりません。

たしか、サザンのあきらめの夏という歌がありますがあきらめの冬ですね。

取り扱いメーカー
ウィリアムモリス,サンダーソン,マナトレーディング,フジエテキスタイル, 五洋インテックス,FEDE,サンゲツ,リリカラ,TOLI,アスワン,テシード シンコール,TOSO,タチカワブラインド,ニチベイ