最近の記事

アーカイブ

 

さくらの色

藤沢周平原作の映画「花のあと」が公開されているようですがこの小説は大分昔に読んだ事があり懐かしくなってまた読み返してみました。

今日まで印象深く残っていたのは老婆の昔語りという異色さにあったのかもしれませんが読み返してみて今回は最後の花見の描写が深く心に残りました。

さくらの花の色はどんな色にも見えるのだと。
見る人の心の色そのものなのだと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

取り扱いメーカー
ウィリアムモリス,サンダーソン,マナトレーディング,フジエテキスタイル, 五洋インテックス,FEDE,サンゲツ,リリカラ,TOLI,アスワン,テシード シンコール,TOSO,タチカワブラインド,ニチベイ