最近の記事

玄米麹漬け

2017/08/26

紫露草

2017/06/26

アーカイブ

 

布森通信

行ってきました

トリオ.アラモーレのコンサート行ってきました。

なかなかくつろげる雰囲気で良かったですね。
出演者も楽しんでいる感じが伝わって来てリラックスできた気がします。

結成して8年経つのだそうですが出演者の高橋まり子さんは東京芸大声楽科卒で伸びのあるソプラノの歌声がすばらしかったです。

最後は嬉しい事に出演者全員が来場者を見送ってくれましたので、思わず握手をしてきました。

ハードル

カーテンなどのインテリアファブリックはやはり西洋が歴史的にも本場ですから出来るだけそれらを提供していきたいと考えていますが一番のハードルは色彩の感性のちがいでしょうか。

伝統ある品質の良い生地のキーワードの他に日本人好みである事や日本の家屋にマッチする事も加えると可成り限定されてくるからです。

基本的に日本では余り大柄は好まれませんし鮮やかな色彩も敬遠されがちです。

伝統に裏打ちされた品質になじみ易い色彩と絵柄の3拍子そろったものをこれからもあらゆるルートを駆使して販売して行きたいと思っています。

トリオ アラモーレ コンサート

ソプラノ-チェロ-ピアノが織りなすオリジナルアンサンブルのコンサートがあります。

*********************************
 出演者

ソプラノ-高橋まり子 (東京芸大卒。 同大「安宅賞」受賞)
               
チェロ -増川大輔 (米国メドウズ音楽院卒。世界的チェロリスト岩崎氏に師事)

ピアノ -須藤恵美子 (山大卒。阿部昌司氏のもと合唱伴奏の研磨を積む)
               

***************************************
会場   2008/6/14(土) 天童市民プラザホール  18:30開演

     2008/6/20(金) 文翔館 議場ホール   19:00開演

入場料  一般2,000円   学生1,000円 (全席自由)

**********************************************

皆様、初夏の夕べの一時にドレスアップして出かけられるのも一向かと……。

ちなみに私もクラッシック音楽にはほど遠い生活ですが増川さんがお客様でも有りますし何となく聞きたい気分なので行ってきます。(タフタのドレスはないので普段着で。)

やりきれない

東京で悲惨な事件があって連日いろんな媒体で流れています。

若い人たちが多く犠牲になった事も事件のやるせなさをより深層化している気がします。

加害者の境遇なども解明されている様ですがどんなに苦しい環境に身を置くことになっても人の一度限りの人生を止める権利はありませんしその人の死に方を決定する事も出来ないはずです。

それにしても誰も悩みの無い人なんていないし何時かは星屑の様に燃え尽きる一生なのにね…….。

My バスケット

最近、家の中にあった手提げタイプのバスケットを夕方の食材の買い出しの際に持って行ってみたらとても快適です。
何といってもレジを通過した品物が順次持って行ったバスケットにすぐ入る訳ですから会計が済んだらすぐ帰る事が出来るし時間の無駄もゴミもなしです。

肝心なのは自宅に着いて食材を冷蔵庫やら所定の場所に納めたらすぐバスケットを車に戻しておく事です。
ついうっかりがエコには大敵です。

これぞ OLD ROSE

以前に薔薇が咲いたよとブログでお伝えしたOLD ROSEですが莟が咲いた薔薇はまったく今までに見た事も無い美しさです。(Wさん,アリガト)

まるでヨーロッパ中世時代の庭園の片隅にひっそりと咲いているかの様です。
上品で可憐で芸術的です。(店にはもったいないかー)

花びらの中心からグラディーションの色合いと細やかなギャザーがワイン色のベルベットのようです。花びらの先へ行く程淡いピンク色に変化させている所などはもはや神業です。

ガソリンが高騰している折になんですが皆様ぜひ見に来てください。

IMGP4421

勢いが大事。

店が休みの時だけが休日ですので週一回のその日を出来るだけ効率よく過ごす様にしています。

掃除洗濯はさっさと済ませて午後からは自由時間にするようにしていますが急に思い立って何かを始めてくたくたの深みに落ちる羽目になる事があります。

昨日もそのパターンでずっと変えたいと思っていたダイニングのレイアウトをやり始めたらあれもこれも次から次と変えたくなり夕方まで掛かりっぱなしの有様。

来週へ持ち越しの部分も有りますが随分雰囲気が変わり部屋の片隅にフロアランプを持って来たらぴったりの感じでつい、にんまり。

模様替えは勢いが大事ですなー。

薔薇が咲いたヨ。

IMGP4410今日の雨をもらってか看板用の薔薇アーチに友人が植えてくれたOLD ROSE の可憐な花が咲き始めました。

店舗の前の駐車スペースにはクローバーなどの野草や名も知らない雑草たちが風に飛ばされて来たのかたくさん生い茂って和ませてくれますが新たに純粋でそれでいて上品なOLD ROSEが加わりちょっと寂しかった店の庭が明るくなりました。

この辺までかなー。

仕事柄、パソコンは必需品ですがふっと一息入れたい時に聞くYou Tubeのサイトは助かります。

ハマショウのせつないラブバラードなどは繰り返し聞いているとなぜか音の周波数が合うのか疲れが溶けて行くようです。

一昔前には考えられなかった便利さですが付いて行けるのはこの辺までかもー。

ほうれん草

我が家の敷地の片隅に猫の額よりちょっとだけ大きな畑があります。
先日の雨の恵みが功を奏したのかほうれん草がぬくぬくと育ってくれて昨日の晩飯のおかずに初取りのほうれん草のおしたしを頂きました。

湯がいたほうれん草はすぐに冷水に入れると緑あざやかにしゃきしゃきして一緒に冷や奴でも添えれば上等な一品料理になります。
茎の部分を噛み締めるとほのかに甘く青臭い香りが漂うのは畑から採ってすぐ頂けるからこそです。

これからはますます自給自足が大切になるのかも知れませんね。

つばめ

我が家のバルコニーの壁には随分前からつばめの手づくりの巣が2つあるのですが今年も忘れずに訪れてくれました。

薄暗くなるとその日の就業を終えた2羽のつばめは巣の上で夜を過ごしている様ですが2つある巣にそれぞれゆったり1羽ずつ休めば良さそうなのに1つの巣に向き合って2羽一緒にいます。

人もそうですが何で好きになると側にいたいのでしょうね。
何がそんな気持ちにさせるのでしょう。

私たち生き物はいくら先進しても不思議なアリスの国で生きているのでしょうか。

ヨモギ

季節的に少し遅いのですが何となく小さい頃によく作ってもらったヨモギ餅が食べたくなって土曜日から餅米を一升くらい水に浸しておきました。

日曜の午前中から摘んで来たヨモギをきざんで餅米が炊きあがる寸前に蒸篭に入れいっしょに炊けたらそのまま餅つき器へどさっと空けてあとは緑色の餅になるまでわくわくしながら待ちました。

出来上がった餅を適当に丸めてきな粉と黒砂糖とお塩を混ぜ合わせたバットの中でまんべんなくまぶして頂きました。

ヨモギの独特の香りは日頃の疲れを癒してくれる気がします。
お風呂にもお薦めです。

個人的ですが…..。

最近、よそのホームページとか見るとだいぶ動画に変えている所が多くなって来てますけど…..。

なぜか、あんまり好きじゃないんですよね。個人的に。

こっちの意向に関係なく勝手に画面が変わって行くのがどうも駄目なようです。

このような違和感を感じるのはババアだからでしょうか。

寒くないですかー。

最近、懐ばかりでなく気温も寒くないですかー。

湿度がないので空っ風が吹く様なかんじで今日などはストーブをまた出してしまいました。
連休中の真夏のような暑さもなにやら不気味でしたがこう寒いのも何となく盛り上がりません。

今夜のおかずは熱々のおでんかな。

Anniversary of rose

今朝、看板のバラアーチに薔薇の苗木が植栽となりました。

苗木を持って来てくれたのは知人でお客様でもあるWさんです。
彼女は上ノ山の駅前で35年前からジーンズなどをメインにしたショップ(ZORO)を経営していますが趣味でOLD ROSEなども山で育てているのです。

植えてくれた薔薇の品種は{ トスカ二ー スパーク}というネーミングのOLD ROSEです。
葉っぱが濃い緑でローズ色の5cmくらいの花が咲くのだそうです。
品種改良を重ねない在来野菜のように昔ながらの純粋な薔薇なのだそうで貴重な品種と聞きました。(アリガト大切にしますね。)

Wさんは風になびく薔薇を推奨しており枝を無理に曲げず先っぽは自然になびかせたデザインに麻ひもでアーチに止めてくれました。(これグッドです。)

ということでCANBELLでは本日、4月22日をAnniversary of rose とします。

こんな感じですが。

63ceb2da.JPG青春通りから店舗移転してハヤ4年になるのにまともな看板も立ってなかった当店でしたがようやく着手してアイアンのバラアーチを使ったオリジナル風な看板が完成しました。
オールドアイアンのバラアーチに木製の看板です。
両脇のはしごみたいな所に植物のつるを絡ませるようになっています。
ペイントカラーは写真よりいくらか地味で赤葡萄の色とローズピンクが混ざった感じです。
文字だけデザインをメールでやり取りしながら看板やさんにカットして張ってもらいました。
野外のものなので雨や日射が心配ですがやはり木製でないといやなのでしかたありません。

あとは暇をみて周りに土を盛り草花を植えたいと考えています。
あくまで自然の景観を壊さない事が大前提ですが。

バウバウの木 !

8039a829.JPG仕事柄、初めて訪れる場所でその土地ならではの出会いがあって心和む時間を思いがけずにプレゼントされることがあります。
最近、頻繁に訪れている東根での打ち合わせが昼をはさんで午後までの空き時間に近くを散策していたらこの木に出会いました。
まるでアフリカのバウバウの木みたいな大木ですが周りがサバンナではなく小神社風な建物が隣接している所を見るときっと由緒ある木なのでしょうか。
昔、城があった名残りで住所が本丸となっているようですがちょっと坂道になっていたり古風な建物が点在しており散歩しても絵になる風景です。

グッドラック

今朝はなごり雪がさらさら降り途中から雨に変わったてもお日様の見えないグレーな一日でしたが以前に勤めていた建築会社の元同僚が訪ねて来てくれました。

Hさんは手書きの外観パースがとても上手です。
私が入社して最初に手がけた思い出深い遠刈田の別荘の外観パースを広告用に昨日書き上げたらしく思い出して持って来てくれたのです。

Hさんは四月末で退職するのだそうです。
数十年勤めた会社を退職するには彼なりの思いがあるのでしょう。
私も昨年母を亡くしてから随分仕事に対する考えが変わりました。

人生はラッキーでもありアンラッキーでもあります。
つまりいろいろあっていいんだと思います。

パースどうもありがとう。額装してリビングに飾っておくね。

「たんぽぽ工房」

昔からの友人が有機質たっぷりの自畑で育てた野菜だけを使って季節の漬け物やにんにく味噌を手作りして販売を始めました。

工房名は「たんぽぽ工房」といまいち月並みなネーミングですがにんにく味噌は食卓の常備味噌としてお薦めの一品です。これはにんにくのすり潰しが一杯入った甘味噌で、あつあつご飯と一緒に食べたら最高ですし食欲がなくてもついお変わりしてしまうおいしさでーす。それに元気が出るかもね。

まだホームページがアップしてませんが食してみたい方は
TEL 023-684-6919(FAX兼)のミセス井上まで連絡してみてください。

当然ながら保健所の許可を得た設備完備の可愛い小屋で作っていますよ。

そうそう、たしか値段は1パック350円だったと思います。(たっぷりにんにくが入っているのにヤスー。)
毎日でも一週間は食べられる量があります。

サクラ色

仕事柄、毎朝、10時前後は運転しながらラジオを聞く事がよくありますが…..。

今朝はアンジェラアキの「サクラ色」が流れて来て聞き流していたら段々と聞き流せなくなってしまいました。
どうして日本人はサクラにまつわる曲がじーんと心に染み渡ってくるのでしょうか。
溢れるほどに咲いた満開のサクラもいつかは風に吹かれて散ってしまう様に絶対的な無情さをみるからでしょうか。

それにしてもこの曲はいいですねー。

取り扱いメーカー
ウィリアムモリス,サンダーソン,マナトレーディング,フジエテキスタイル, 五洋インテックス,FEDE,サンゲツ,リリカラ,TOLI,アスワン,テシード シンコール,TOSO,タチカワブラインド,ニチベイ