最近の記事

アーカイブ

 

布森通信

アーメン

だんだん悲愴感が漂って来ました。

もうロダンさんは来ないのじゃないかと思えて来ました。

巣の中にはまだ幼虫や蛹の子供がみんないるのです。

努めて冷静に考えてみましたが答えは二つしかありません。

ロダンさんが不慮の死を遂げたのか蜂の親の子育てがここまでであとは自力で成長するのが蜂の世界の常識なのかいずれかのどちらかだとしか考えつきません。

なんとなく大家より孤児院の心境ですが、どうかどうか蜂の子供達にお恵みを。

哀愁の音色

今朝は仕事で玉虫沼の近くのお宅まで初夏のドライブでしたがトンネルもあってなんとなくテレビのサスペンスドラマのロケーションに出てきそうな風景でグッドでした。

帰り道、山辺町内のコンビニへ立ち寄ったら近くで線路の方を写そうしている本格的なカメラ装備の人達がいるのでなんだろうと一緒にみてたらSLがゆっくり走って来ました。

汽車はカメラマン達へ答えるように汽笛を長く鳴らしたのですがその汽笛の音には哀愁があって悲しい事でも抱えていたらすぐにでも泣けて来そうな音色でした。(ポロポロ..)

今日は朝からドラマチックな展開でこのまま行けたらいいんですけど。

understand.

f91cfc9e.なんとまあ、どん底で一条の光が射し込みました。

今朝も、すぐさま見に行ったら今はもういないロダンさんが一生懸命に綿帽子をかぶせていた巣穴の一つだけがすっぽり開いていてなんと少し小さい蜂が一匹巣にしがみついているではないですか。

昆虫に完全変身した子供の一号なのでしょう。
ロダンさんのDNAを引き継いでいるので見かけは同じですが1cmくらい身長が小さいです。

つまりはロダンさんは子育ての任務を終えて去って行ったのだと今日、理解しました。

でもなんか寂しく、だまって行ってしまったロダンさんにハガキの一枚も出せないのがホントに悲しいです。

またいつか。

ロダンさんの子供達はその後、元気に育ち今日現在で三匹が昆虫に成長し巣から飛んだり戻ったりしています。
これからもあと数匹が例の綿帽子を突き破ってそれぞれが地上の何処かへ飛び立ち名も知らない花々たちと共生しながら一生を終える事でしょう。

ロダンさんとは知らぬ間にまたいつか会う日もあるでしょう。
車で仕事に出かけた時、走行中の私の車の前をぷーんと通り過ぎるかも知れません。

これでロダンさんと私のおとぎ話は終わりにします。

最後までおつきあい下さった方々に感謝しつつ、いつまでもいつまでもロダンさんや蛙や草花が生き続けられる地球でありますように。

ロダンさんへ P.S

昨日、ロダンさんが建造した思い出の巣がきれいになくなっている事にキズキマシタ。

最近では子供達はぜんぶ昆虫に生まれ変わって巣の外側に所狭しと寄せ集まっていたのですが..。

きっとロダンさんの子供ですもの早くコンセントが使える様に子供みんなで巣を壊して去って行ったのでしょう。

よく見たらすぐ下の砂利の上に空っぽの巣の欠片が少しだけ落ちていました。ほとんどが風に飛ばされたようでした。

巣のカケラを手の平に載せながらつくづく自然界で生きているものにはムダがなく、なんていさぎよいんだろーと思いました。

結局、ムダの固まりの私だけが独り置いて行かれた感じです。

では、これで徒然なるままにホントにサヨナラ。

殯の森

今年のカンヌでグランプリの「殯の森」の受賞式で河瀬直美監督のコメント。

「映画をつくることはとっても大変です。人生のように。」

こんなコメントを聞くと何もかも私財を投げ売って映画を作ってみたくなります。

きっとこんな思いを頭で考える人は掃いて捨てる程いるのでしょうが本当に実行する人は砂の中の金粒ほどもいないのでしょう。

映画の神から選ばれた人だけでしょうから。

インテリア洋書でひとときを

536f4377.昨年、2Fギャラリーにてフラワーアレンジメントの作品展を開催して下さったフラワーデザイナーの大河内さんから長年、御自分の愛蔵書として大切に持っていらっしゃったインテリア洋書を譲り受けました。
どれもが美しい内容で全部で5册です。題名は以下に書き記しました。
NEW OLD HOUSE.
COLOUR.
THE SHAKERS.
ENGLISH COUNTRY.
ITALIAN COUNTRY.

インテリアに国境はありません。西洋の文化に触れる事は重要な仕事の一環と考えております。
この度の大河内さんの御厚意により店内にてどなたにもご覧いただける様、常置しておりますのでどうぞご自由にご覧下さい。

権現桜

014b51b5.先日、仕事でお客様の手書きの地図を頼りに上山の小倉地区に始めて行ってきました。打ち合わせ後、帰りは迷わない様、同じ道を下って来たはずなのに途中で違う道になってしまい、それでも何処かには出るだろうとのんびりそのまま下って来たら途中この老木の桜に出会いました。

その日は小雨でまだ三分咲き位でしたので今度来る頃が満開かなと楽しみにして降りて来ました。

昨日、再度お客様宅にお伺いするのに帰りにひっそりと見たくてわざと一人で出かけて行ってきました。朝から雨だったのに帰りは晴れてその全景を優雅に見せてくれました。

この時期に今回の仕事がなかったら会えなかった桜というのも中々いいものです。

さくら餅

春になると食べたくなるのは桜餅です。
それも道明寺でない方。
それに素甘もうす紅色のが大好きですがなぜピンク色の餅菓子がこんなに好きなのだろうと考えたら思い当たる事がありました。

遠ーい昔、小学校に入学するのを祝って母が赤飯をしてくれたのですが家が貧乏だったからか、はたまた母が手抜きの達人だったからか、なぜか小豆が入らず変わりに紅ショウガに使うような真っ赤な食紅をぱっぱとふり入れて炊いたのです。食紅を少々入れすぎたのかふんわり出来上がったのは濃いピンク色の鮮やかな花の様な御飯でした。なぜか最初に蓋をあけてみてすごくうれしかったのを覚えています。お変わりを何度もしました。

昔、うれしかった事っていい歳になっても憶えていて自然と選択しているのはおかしなものですね。

 

東京休日

昨日は仕事で早朝から東京へ出かけてきました。

さくらは満開でしたが肌寒い小雨模様で歩くより近くのコーヒーショップで時間をつぶしたほうがよくなる天気で残念でしたが思ったより仕事が早く終わったので新宿から乗り換えて杉並に住んでる息子と待ち合わせ御飯のおいしい店に連れて行ってもらいました。

30分少しぐらいの時間しかとれませんでしたが将来の話などしながら楽しく過ごして来ました。

おみやげに買って来た荻窪の「吟遊詩人」のパンは帰りの新幹線の中で隣の席の方にもおすそ分けして一個食べてみましたがフランスパンの生地がパリパリのもちもちでとってもおいしかったです。

着いたらもっと寒かった山形の桜も待ち遠しいです。

仕事は楽しく

仕事を依頼されるという事は多分、自分でも知らない所で起きているいろんな偶然の積み重ねの上にようやく生まれて来る訳で決して単純に、はいどうぞ、という事ではないはずです。
きっと何万倍以上の確率なのかも知れません。
ですからどんな依頼にもクライアントがいる限り精一杯答えて行きたいと思っています。

今回、又新たな出合いがありました。
市内にお住まいの☆様が御主人の定年を迎えるのを機にキッチン,バス,トイレの全面リフォームを希望なさっておりましたが奥様には古民家風というインテリアのイメージの御要望がありましたので細部までこだわる為にコーディネーターとして加わってほしいとの依頼です。

御存じの方も多いと思いますが浜美枝さんの住居が理想なのだそうです。

お話のありました施工会社の方もやる気満々なのが頼もしいですがまだこれからですので楽しみながらお伝えしたいと思います。

酔いどれかぐや姫

歌番組が大好きなので夜中ならビデオで撮っても見る様にしてます。最近BSで坂崎幸之助の一夜限りの音楽ライブがありましたのでこれもしっかりビデオに修めました。

坂崎さんは御存じアルフィーの人ですが自称フォーク小僧というだけあってほとんどの曲をこなせ南高節さんとクロンズというにわかグループを結成していい選曲を聞かせてくれました。

その中でも何度聞いてもおかしいのが「酔いどれかぐや姫」です。
これは南こうせつとかぐや姫の初期のライブ向けの歌です。

歌詞はかぐや姫が地球にあこがれて月からはるばるやって来たのに恋人になってくれる男にも巡り合えず夜な夜な酔いどれては街をぶらつき男を誘っている有り様で、しかしながらここは落ちぶれてもかぐや姫の意地もありこのままでは月には帰れず、もはやバ婆になってしまたといった歌詞です。

いまでは見るに耐えない姿の帰るに帰れないかぐや姫に何となく他人事でなく親密感を覚えるワタシなのです。

車で15分のユートピア

当店のお客様は買い物よりいろんなお話をするのを楽しみにおいでになる方も多いのですがその中の一人に御夫婦で田舎暮しを満喫しておられるKさんがおられます。

Kさんが住んでいることも知らない頃、一度何かの巡り合わせでKさんの住む山間の村まで行った事があるのですがこんなところにこんな別天地があったのかと驚きました。
ユートピア的なほのぼのとした集落といった感じで水や空気のうまそうな、まるでとんと昔話しに出てきそうな不思議な山村があるもんだとあれからずうーっと記憶に残っていたのです。

Kさんは店に来るたび一度遊びに来て下さいと声かけてくれるのですが貧乏暇無しにいつも追われている身の上ですのでまだ一度も訪ねて行った事がないのです。

でも近いうち、ぽかぽか陽気の日に訪ねて行って昼のパスタでも一緒に作って食べて心身の洗濯でもしてこようと思っています。

雪の一日

昨日の夕方、雪の中を以前2Fで絵画の個展をしてくれた芸工大卒の高橋繭子さんが最近コラボしているヘヤーデザイナーの丹さん(キョンシーみたいな帽子とサディスティックピンクの名刺がグッドです)と一緒に遊びに来てくれました。

私からみればホントに若い世代ですがこれからやって行く事の様々な悩みを率直に語っていってくれました。  

結局、世代も年も関係なく臨む事をやって行くのって楽勝ではないと言う事でしょうか。

お心尽くし。

昨年暮れに新築完成なさったS様より「皆様により素敵なお家ができました。気持ちばかりですがホームパーティを致しますので是非ご出席して下さい。」との手書きのお手紙が先月末、届きました。

私はカーテン工事でプラン及び施工に携わりましたが大変恐縮してしまいました。ですが、せっかくのお招きに甘えて昨夜出席して来ました。

施主のS様はパーティの御挨拶で今回の家を建てるという一連の中でいろんな人との良い出会いがあった事に感謝している旨を率直に述べられ乾杯となりました。

パーティは施工を請け負った住宅会社の方々始めおじいちゃんおばあちゃんにS様の可愛いらしいお子さんや愛犬メグくんもみんな混ざっての和気あいあいの中で奥様とお子さんのショート劇も多受けの楽しいものとなりました。私は一時間ほどで帰るつもりでしたが結局最後まで居てしまった有り様です。帰り間際にはS様が選り抜いた本のどれが当たるか分からない楽しいプレゼントも用意されていました。

帰り道は夜中でライトアップされた空いた道路を運転しながらこんな夜もたまにはいいなーってつくづく思ってしまいました。ラジオからは{コールミ-}などの懐かしいソウルバラードが流れて来て温かいハートのままゆっくりゆっくり帰って来ました。

S様の御家族の皆様、おいしい手料理の数々本当に有難うございました。

カクレファン

昨日御来店下さったお客様のお話です。

当店を訪れてくれたのには訳がありました。

最初に引っ越し先のカーテンを探しにある大型店舗の生地売り場に出向いたのだそうですがそこの売り場担当の方が「余り大きな声では言えませんがカーテンならキャンベルさんに行ってみたら」と教えてくれたのだそうです。
私にはまったくどなたなのか検討がつかないのです。

知らない所にも隠れファンがいてくれるのがホントにうれしかったです。

gany houseさんとリンク。

先日、山形市内に新築なさったOno様がインターネットで当店を見つけて御来店下さいました。

只今、オーダー中で施工写真はまだですが手作りのお店{gany house}を経営しておられますので皆様にお知らせ致します。

ホームページを御覧になって是非お出かけ下さい。
gany house

昨日はくもりでしたが、

昨日は近所で御葬式があり早朝から手伝に行ってきました。

御時世はセレモニーホールが盛況のようですが御親族の希望もあり近所の人達が集落の公民館に集まって食事の献立作りから全て準備致しました。

普段中々顔を合わす事もない御近所ですがみんな一生懸命、準備に取り組んでいるのを見て御葬式って故人にとってはこんなふうにしてもらうのが一番うれしいのではないのかと思えたのでした。

こんにちは帚さん

17c1946a.晴天の今朝、山形市内で帚をつくっているおじさんが自宅に帚を売りに来ました。

何年か前に畳帚を買った事があったのでそれを覚えていて又訪ねて来た訳です。

毎日の掃除はモーター音も高々の掃除機で風情など微塵もなく済ませていますが天井のホコリ取りは帚が一番ですから枝の長い帚を自宅用と店用に2本買いました。

一本1400円とは何年前からの据え置き価格なのでしょうか安くて感激ー。

まずは玄関の軒先きを軽く掃除してそのまま壁に立て掛けてみたらそのままインテリア雑貨に変シーンでなかなかいいじゃないですか。

帚を誰も使わなくなったら帚屋さんは廃れてしまうだけですから又いつか元気に帚売りに来てくれる日まで大事に使いますね。

玄関のおもてなし

6f518354.
山形市内にお住まいの星川様の玄関ホール内のコーナーテーブルのデコレーションですが季節感と暖かみがあってとても美しかったので御紹介致します。

先日、子供室のカーテンのオーダーのため御来店下さいましたが、採寸でお伺いしました所、玄関ホール内の飾り付けでとても豊かにしつらってあり印象的でしたので後日、写真に修めて来ました。

詳しくお話をお伺い致しましたらほとんどが御自分の作品で季節に合わせたデコレートを楽しんでいらっしゃるのだそうです。

家の玄関が下駄箱スペースになってしまうだけでは侘びしい気がします。
お客様が最初に目に止まる玄関ですからちょっとした心使いで好印象を与える事が出来たらきっとよいことがいっぱい起きるかも知れませんね。

取り扱いメーカー
ウィリアムモリス,サンダーソン,マナトレーディング,フジエテキスタイル, 五洋インテックス,FEDE,サンゲツ,リリカラ,TOLI,アスワン,テシード シンコール,TOSO,タチカワブラインド,ニチベイ