アーカイブ

 

布森通信

-孤高の画家- 布施哲太郎遺作展

 

20170217_huse_tetsutarou_003

ふるさとの心象風景を描く -孤高の画家- 布施哲太郎遺作展
■前期:3月3日(金)~13日(月) 後期:3月29日(水)~4月2日(日)
「ふるさとの心象風景を描く -孤高の画家- 布施哲太郎遺作展」

会場  恵埜画廊
山形県山形市七日町2-1-38
TEL/FAX 023-623-3140  E-mail info@yoshino-garo.jp
営業時間 10:30~18:30  定休日 火曜日

 

 

生前、真壁仁先生、新関岳雄先生、佐藤総右さま…どなたに個展を勧められても断るばかり。
まだまだ死ぬ訳ではないからと言う。
描き始めたのは、父親に油絵の具を買ってもらったのがきっかけだったと。医者の跡継ぎなのに、血を見るのが大嫌い。小さな毛虫も見るのも大変に嫌いでした。
川端美術学校で七年間デッサンばかりをし、また33 才で東洋大学にて哲学を学ぶ。
無口で、又眠らずに描く事もしばしばでした。
又、真冬も問わず、何年も同じ現場で描き、何年も同じ季節を繰り返し描きました。
どの絵も、本人は完成とは思っては居ないかもしれないかと思います。納得できるまで。
100 才までも。   師は熊谷守一です。
作品を描き続けてこられたのは、稀有な絵描きとしての哲太郎の、そのひたむきな人間性も愛してくださった千歳栄会長のお蔭様です。半世紀にわたるお力添え、感謝はひとことに言えません。
布施 魔子

 

大正4年 山形市に生れる
山形中学校【現山形東高校】卒
川端美術学校に通う
二科研究所にて熊谷守一と会う
戦後 東洋大学にて哲学を学ぶ
平成26年9月26日 100歳没

——*——*——*——*——*——-*——-*——-

昨年に古いソファの張り替えのご依頼でご来店下さったのが奥様の魔子様でした。

記憶に残る名前と個性的なメイクが大変印象的な奥様でしたが当店にも遺作展のお知らせ葉書を送って下さったことに感謝しつつここにアップさせて頂きました。

 

 

畳の表替え

和洋折衷の家なので畳敷きの部屋も数部屋ありますが春めいてきたので8畳間だけ表替えをしました。

頼んだ畳やさんは大分県の国産イグサにこだわっていて中国産と国産のイグサを織ったサンプルを見せてくれました。

厚みや目の揃い方がやはり国産のものが良かったし生産者が分かるのが何となく気持ちがいいのでそれで替えてもらいました。

翌朝にはもう出来上がって敷き終わったら家中がイグサの香りでいっぱいになりました。

請求書の備考欄に生産者の名前が入っていたのも良かったかな。

樋口さんからのメール

IMG_5708

 

以前からのお客様の樋口様より写真を添えたメールが届きました。(以下原文のまま)

樋口様邸では昨年ウエバリーのNOー430(赤のトワルドジュイ)の生地でカ-テンを付けて頂きました。

ポーランドかー。 いつか行きたいけどねー。

-+-  -+-  -+-  -+-  -+-  -+-  -+-  -+-

 

ちょっと嬉しい事がありましたのでご報告させていただきます。

視察でポーランドに行ってきました。
用事をすみませ折角来たのだからと、ガイドブックに載っていた、ショパンが若かりし頃に通ったと書かれいた200年以上続く老舗レストラン ホノラトカへ。
無事ランチが終わり外に出ようと、店内歩いていた際に見かけた厨房の目隠しカーテンを見てドキッ‼︎足が止まりました。  なんと昨年私がキャンベルで作って頂いた、赤のトワルドジュイで同柄♪

遠い異国の地で我が家にある同じファブリックに会えた事に嬉しくも驚きました。
同柄でレース生地もあるんですね〜。

IMG_5706IMG_5707

待ち時間

同居している父が3年程前から認知症の兆候が見え始め今に至っております。

歯みがきやちょっとした日常の動作でも付いていて手を掛けなければならない時があったりします。

着替えも時間が掛かりますしトイレも大の時はドアを半開きにしてちゃんとウォシュレットのボタンを押せるか確認するまで待っていたりする事もあります。

こんな風に父の側で待たされる時はイライラしてもしかたないので空かさず立ったままでストレッチ運動をします。

実際は手をやいてる時間を自分の為に有効に使っているという考えに置き換える事でストレスも消えてしまう気がします。

マスカラ

最近あることに気づきました。

お若い方は別として所謂中高年の女性の方で何となく雰囲気がおしゃれっぽい方は大抵マスカラをつけている気がします。

分かり易く言うとジュリエット グレコ感が出ているというか。

これあくまで個人的な感想ですけどね。

素焼きの鉢

直径50cmほどの素焼きの鉢に何株ものシクラメンを寄せ植えしてダイニングの出窓に置いて毎年楽しんでおります。

今年の夏に大きな鉢に植え替えしたのですが朝に水をやろうと受け皿をみると薄ら水が溜まっていて水をやらなくても良いのです。

おそらく室内の水分を鉢が吸い取って溜まるのだと思います。

ダイニングは一枚サッシで結露もしますしキッチン続きなので何かと水分が発生しますが何となくそれも緩和されている気がします。

やはり室内には自然素材の物を使う事は間違いなく理にかなっていますね。

リップクリーム

しっかりくっきり染まる口紅が苦手でどちらかというと唇の保護用リップクリームなのに少し色づくものが理想です。

しかしながら当然値段もぐんと安くなるのでその分なかなかぴったりくる色が見つかりません。

好みはピンクとオレンジの中間色で淡いものですが昨日帰りがけのドラッグストアでついに見つけてしまいました。

あまり教えたくないので花王とだけ書いておきます。

ようやくチークとリップの色合いが揃ってうれしいうれしいおばさんの最新ニュースです。

M様のアンティークチェア

imgp2780以前からのお客様のM様が椅子張りのご相談で持参なさったチェアです。

出来るだけ現状の佇まいを損なわない張り替えを相談中ですがまだ手つかずのうちに記念撮影を撮ってみました。何枚か撮ってみましたがなぜか1枚しか写っていませんでした。

きっと昔の物には愛着が宿っていて今時のP.Cなどに載せられるのは御免蒙るということかなとも思いましたが是非お披露目させて下さいと椅子殿にお願いしてアップ致しました。

栗剥き

外に夏頃設置したテーブルセットは家事仕事でも大活躍です。

折角頂いた栗をどうしても栗ごはんにしたくて、まずはフライパンでコロコロ焼いて皮を剥く事にしました。   確かテレビでは熱々の焼き栗を濡れ布巾で包んで上からコロコロ押し回すと皮が綺麗にとれると聞いた記憶がありますがうまくいきません。

そこで栗を真ん中から切ってスプーンでほじくり出す事にしました。

今度は中身がうまくとれますが結構散らかります。

とはいえ、なんてったって外ですからどんなに散らかっても平気平気で気分のいい事この上無し。

最後はエプロンをぱっぱと叩けば終了なのでラクチン ラクチン。

 

無花果

庭の無花果もおしりが赤くなってきて毎日数個もぎ取っていただいてます。

縦四等分に切り分けた無花果に梅酢と梅酒と赤ワインを加えて打ち出し小鍋で強火で煮ると甘くて歯ごたえもありとても美味しいです。

砂糖は入れなくても十分甘くてちょっと酸っぱくて我が家では恒例の秋の味です。

ヘアーオイル

私事ですが髪の毛が直毛で無く(ゆるいパーマを掛けた感じと言えば聞こえが良いですが)ぼわっと広がって

丸い顔が益々丸く見えて何か良いヘアーオイルが無いかと探したり試したりしておりました。

そんな折、ロクシタンからもらったサンプルで髪ではないフェースオイルですが試しにシャンプー後にほんの少し手に取ってつけてみたらベタつかずさらりとまとまってなかなか良いです。

成分にはシア脂, ヒマワリ種子油,などの他にスクレロカリアビレア種子油, ヒボファエラムノイデス油などという舌を噛みそうな成分が入っている所謂マルラオイルですが香りも甘く無くてとても気に入って使ってます。

価格は30mLで4860円ですが一滴でいいのでだいぶもちそう。

 

気分が大事。

自宅の台所の勝手口から出るとちょこっとした庭があり幸い隣の広い敷地と板塀で人目につかないスペースなので最近テーブルを持ち出して日よけ用の大きな傘を真ん中に立てて椅子も置いてみました。

テーブルは元々あったものでアウトドアタイプの物でしたので直径2mほどの日傘だけ購入して脚元の土の上には海辺や河原の気分になりたくて丸い小石を敷いてみました。

これが思いのほかカフェテラスの気分上々で朝は新聞.ヨーグルトなどを持って活用しております。

自然界のいろんな物を見る事も増えましたね。IMGP2368

トワル・ド・ジュイ展

お客様のH様からのメールで届いた情報をお知らせしますね。(いつどこではちょっと不明ですが. . .)

—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—*—

今日用事があり東京に来ていたので、トワル・ド・ジュイ展見ました。
いや~布のデザインについて勉強になりました。
モリス商会のデザインの古カーテンやインテリア生地も本物見れて良かったです。
東京では若者から年配女子まで、先日私が作って貰った生地に興味を示して集まっているのに、何故山形ではこのような生地が人気ないのか不思議です。(私が一番そう思います)
布たのしいですね。

IMG_2907

IMG_2906

空色

長男が車を変えるので「今度は、ぱーっと明るい空色がいいんじゃなーい」って助言したら「そんなおばちゃん色の車乗れるかー」って言われました。

はぁ 空色っておばちゃん色でしたか。

ちーとも知りませんでした。

世の中知らない事が何歳になっても結構あるもんですな。

テリーザ

我が家の雌猫の名前がメイでイギリスの新首相のファミリーネームと同じになったので試しにテリーザって呼んでみました。

当たり前ですけど全然反応無かったので懲りずに今度はテリーザ メイ と呼んだら立ち止まって私の顔をつまらなそうに見つめました。

歌おばさん

店の前が温泉につづく道路になっていますがほとんど毎日歩いて通るおばさんがいます。

いつもショルダーバッグの他に傘や袋物やらたくさんの荷物を抱えて重たそうですが時々その日の気分次第で大きな声で歌いながら通り過ぎて行きます。

その声が聞こえるといつものおばさんだなと分かります。

例えばコンビニまで行くにしてもあんな風に大きな声で歌いながら道を歩けたらどんなにセイセイするだろうと思えてしまう私にとっては憧れのおばさんでもあります。

 

斉藤省吾さんの(ほうき)

山形は川西町在住の斉藤省吾さんの手づくりのほうき。
心のこもった道具用具はなぜか美しい。
こうゆうものを店内に置きたいし売りたい。
16日からの展示会で見つけて下さい。

 

 

12803179_1007260672644834_3746977568816871790_n

1511408_971942692843299_8929159559374144170_n

 

雑貨品事情

当店でも所謂インテリア雑貨を少しばかり販売しておりますが近頃この様な雑貨品に対して引き気味の感があります。

結局は偽物なんですよね、この手のものは。欧州などの市で見つけたアンティーク小物をコピーして中国あたりで作っているものなのでしょうから大半は。

西洋風で安く、ちょっとおしゃれな雑貨はほとんどこの流れではないでしょうか。

とりわけ陶器かと思う仕上りで実はポリレジンなんていうのはよく出回っていますしね。

最低でもまずは材質が違う物はもうパスですね。

今年もWelcomeツバメ

先日新聞で、ツバメが子育てに失敗した原因のうち、人が巣を落としたり巣作りを妨げたりした割合が、都市部では郊外や農村部の約7倍にのぼったとする記事を読んで愕然としました。

なんでも人家の軒下に泥やワラで作られる巣が「不衛生」と嫌われるらしいそうです。

他県の事は分かりませんし地域での風習も違うでしょうから一概には言えませんが私の生まれ育った所ではツバメは縁起の良い鳥として大事に見守る習慣があります。

ツバメには本能があって訪れる家には災いが来ないという考えがあります。

ツバメの巣作りを見つけたら今年は良い事ありそうな気がしてホットしたりします。

私自身は今年もツバメがやって来たと喜べる様な暮らしでなけりゃ嫌だし出来ませんねこれからもきっと。

風カラ

ほんの数ヶ月前につばめや草餅の事を書いたと思っていたらもう10日前ほどから今年もつばめはやって来て草餅もおととい作ったりしました。
月並みな言葉ですが何と一年の早い事でしょう。

 

4月上旬から店と自宅までの中間地点あたりから自転車で通勤していますが風がとても気持ちよいです。おばさんが髪をなびかせても誰も振り向いてくれないのもさっばりしていい感じです。(ホントかな..)

 

それでもTVドラマの台詞で聞いた「今自分の前を通り過ぎて行った風にはもう二度と触れる事は出来ない」というちょっとセンチなの気持ちに浸れるのは風カラのプレゼントですね。

取り扱いメーカー
ウィリアムモリス,サンダーソン,マナトレーディング,フジエテキスタイル, 五洋インテックス,FEDE,サンゲツ,リリカラ,TOLI,アスワン,テシード シンコール,TOSO,タチカワブラインド,ニチベイ